より良い未来と心身の健康を実現するために

『バイオイーザー BR-701』 家庭用電気磁気治療器
   《医療機器製造販売承認番号 22100BZX01076000》


商品名: 家庭用磁気治療器『バイオイーザー』 イーザーは精神を
癒すとか、痛みを緩和するという意味が込められています。

   定価 194,400円
   (本体価格 180,000円)


162,000

(消費税、送料、代引き手数料込) 
在庫あります

期間限定特別価格

ご購入はこちら
です


体験したい方1週間貸出しします

師岡孝次著「家庭でできる痛みの解消法」冊子
バイオイーザー取扱説明DVD 
政木先生講演CD・DVD 4回分 (総時間 7時間以上)
上記3点プレゼントします。

期待できる効果効能: 筋肉痛・神経痛の緩和・疲労回復・血行促進。

商品の仕様: 磁束密度:68mT(ミリテスラ) 

電源: 家庭用 100V 重さ:本体とコイル 6.6キロ 

発売元:(株)山陽放送サービス

ご購入はこちらで承ります。価格お問い合わせは 下記へお願いします。  

能力開発研究所 Tel&Fax 0586-69-5462 e-mail contact@agosu.jp

能力開発研究所は且R陽放送サービスと契約しておりますバイオイーザー正規販売代理店です。

能力開発研究所は名古屋で33回政木和三博士の講演会を開催し広く多くの方に政木博士の発明品を紹介して参りました。初代神経波磁力線発生器の時代から販売しておりますので、多くの方々から『使ってよかった』と喜びの声をいただいております。

”バイオイーザー”は政木博士が発明された原理に基づいて作られた家庭用磁気治療器です。瞬間的に発生する磁力線によって、血行を促進し、さまざまな素晴らしい効果が期待できます。一家に一台、バイオイーザーをご家族の健康増進にお役立て下さい。

政木和三博士のプロフィール

☆ “バイオイーザー”の基本原理

◇ 磁力線・・・空気や水は、人間が生きていくために必要なものとして誰でも知っていますが、磁力線も空気や水と同じように人間にとって必要不可欠なものです。磁石から出る電流みたいなものが磁気で、その磁気の波を磁力線といいます。地球も大きな磁石ですから、われわれは磁力線の中で生活していることになります。磁力線の体に与える影響はまだ研究段階ですが、一般的に (1) 血液やリンパ液の循環を良くする(2) 自律神経の働きを調整する(3) 免疫細胞を活性化すると言われております。

◇ 心地よく感じる波形・・・人間が自分の手足を自由に動かすことができるのも、脳からの電気的な信号の伝達によって行われております。この信号は二相性活動電位波形で、マイナス側とプラス側両面にわたってプラス・マイナス二相交流となっております。バイオイーザの磁力線はパルス幅約1/1000秒のプラス・マイナス二相交流で、人間の体の中を流れている波形に限りなく近づいた波形で、生体との接触部分がいたってスムーズで、痛みもなく、極めて心地よく感じます。しかも波の性質が生体となじみがよいので、体の深部まで浸透し、血行が良くなり、体調が整えられます。

◇ 水の変化・・・一般的に、水に磁力線をあてるとクラスターが小さくなって体に良い水になるといわれております。バイオイーザーの磁力線を水にあてると、酸素原子の磁界の方向が変化し、瞬間的に水素原子と酸素原子の角度(約106度)が拡がります。バイオイーザーで体内の水が変化すると、細胞に栄養分が十分に行わたり、その結果として、人間が本来持っている自然治癒力が高まるといわれております。

☆磁気がもたらす4つの効果

◇ 血液のイオン化現象により自律神経の働きが整う・・・血液には様々な成分がとけ込んでおり、イオンになっていない物質がイオン化(電解質解離)し、これによって自律神経の働きが整い 血液循環が促される。自律神経は体だけでなく、心の働きとも深く関与していますので、心と 体が癒されることになります。

◇ 水分子がマイナス状態になり60兆の細胞が活性化に向かう・・・細胞の主成分の70%は水ですが、中性だった水分子に磁気をあてるとマイナス化し、安定させようとする力が強く働いて、細胞自体が揺り動かされて、様々な栄養分を吸収すべく活発に働きます。

◇ 免疫細胞の活性が高まり自然治癒力が強化される・・・悪性の細菌やウイルスに対抗する抗体としてのNK細胞やT細胞など、免疫能力を持つ細胞が、磁気の照射によって活性化します。

◇ 脳の松果体を刺激しメラトニンの活性が高まる・・・松果体は、脳の中央の最も奥深いころに位置しており、近年、抗酸化力や免疫能力を増進させるメラトニンというホルモンを分泌していることが判明。メラトニンの作用には体内時計の調整があり、眠るために必要な生理的変化が引き起こされると考えられます。

 磁気のメカニズムはまだ未知な点が多いが、代替医療の必要性を痛感した開業医たちの地道な努力により、徐々に神秘のベールが剥がされつつある・・・新発売の「痛みの解消法」より抜粋

☆ “バイオイーザー”のQ&A  

Q バイオイーザーの特長は

A ISO9001に準拠して作られております。

Q バイオイーザーが故障した場合のアフターフォローは

A バイオイーザーは1年間の保証書付で、補修用部品供給限は、製造打ち切り後10年です。製造元が修理を行いますが、窓口は当研究所(Tel&Fax  0586-69-5462)です。

Q 磁気はどこで発生しているのですか

A  磁気はリングの中心部分から外へ向けて円を描くような感じで出ており、およそリングの周り30〜40cm位まで影響を与えます。リングには表と裏の区別はなく、リングをあてる向きもありません。患部にあてる時は、おおよその位置で十分な効果があります。磁気の発生を確認するには、リングの中にクリップを入れると“ぴょんぴょん”と飛び跳ねますので、目で見て確認できます。

電磁波障害の心配はありませんか

A テレビや電子レンジなどの電化製品のように正弦波が連続して発生する人工の電位波形を長時間体に当て続けると、神経や筋肉が麻痺して不快感を感じるものですが、バイオイーザーから発生する磁気は、人間の体の中を流れている電気的な信号に限りなく近い波形であるため、長時間あてていても害はありませんし、極めて心地よく感じるものです。

Q バイオイーザーの効果的な使い方は

A  リングを患部にあてることにより、周辺の血液の循環が良くなります。また、体内の水が変化して細胞に栄養分が十分に行きわたり、自己治癒力がが高まります。従って、時間に余裕が ある場合は、できるだけ長い時間あて、かつ、朝、昼、夜、と1日3回、全身にあてるのが効果的です。(夏はリングが熱くなりやすいため、タオルや布をまいて使用して下さい。)

Q バイオイーザーを使用して、実際の成果例は

A  腰痛が良くなったとか、リウマチの痛みが軽くなったとか、たくさんの成果例がありますが、中でも最も多いのが、元気になった!という報告です。何となく疲れやすい、元気が出ない、やる気が起きない、といった状態だったのが、バイオイーザーを使用するようになってから疲れがとれた、よく眠れる、元気が出てきた、というものです。血行不良や蓄積疲労から、やがては大病に至るわけですが、それらが未然に防げたということは、素晴らしいことだと思われます。

Q リングが熱くなった時は

A  季節によってリングの熱くなる具合は大きく変化します。冬はコタツの代わりになって気持ち良く感じますが、夏は熱くなりすぎて連続使用もままならぬようです。そんな時は、リングにバスタオルを巻いて使うと、熱さも大幅に緩和されます。仮に1時間以上連続使用してもリングの温度は60〜70度までしか上がりませんが、常に服の上からあてるようにして下さい。

使用上の注意事項は

A  磁気ランプが点滅している時は、リングから非常に強い磁力線が発生していますので、磁気カードや時計、パソコンなど磁気の影響を受けるものは近くに置かないようにご注意下さい。最近の例で、パソコンをやりながらバイオイーザーを使用していて、パソコンが作動しなくなったケースもあります。同時に使用したい場合は、リングから少なくとも 1.5m位離して使用して下さい。

バイオイーザーで痛みが緩和されたのはなぜ

A 痛みには、神経痛、筋肉痛、内蔵痛などたくさんありますが、何らかの不健全な原因で中枢神経を刺激することによって発生する。バイオイーザーをあてると、血行促進などによって不健全な原因(筋肉痛の場合は筋肉の異常な緊張や縮み)を取り除くことができるため、様々な痛みの発生を抑制できる潜在能力を持っていると考えられる。

腸閉塞や便秘など、腸の機能が回復したのはなぜ

A  腸の筋肉は収縮を特性とする細胞からできていて、自律神経と運動神経がこの収縮作用を司っています。バイオイーザーをあてると自律神経に刺激が加わり、腸の筋肉の働きが正常になり、腹痛や嘔吐などの症状が抑えられます。また便秘もバイオイーザーで腸内の血行が促進されると、自律神経のバランスがとれて便秘も解消するわけです。

☆ “バイオイーザー”の使用方法 (ご購入時に使用説明DVDを差し上げます)

☆オプション品『コイルカバー』

* バイオイーザーはコイルの部分に布のカバーがついており、身体に当てた感じがやわらかく、熱の伝わりも緩和されるため、使い心地が良くなるようです。コイルの部分は、以前の神経波磁力線発生器とサイズが同じですので、カバーだけの販売もしております。

ご希望の方はメールでご注文ください。(価格 3,240円)

お問い合わせは 能力開発研究所 

Tel&Fax 0586-69-5462 又は e-mail contact@agosu.jp までお願いいたします。